就職活動で内定が貰える人と貰えない人の違い

公開日: : 最終更新日:2015/09/06 その他

どうも。オオガラです。

今日は「就職活動」や「転職活動」をしている人向けの話です。

 

実際に就職活動をしたり、様々なセミナーで先生の話を聞いたり、

他の人と話をすることで気付いた事があったので、まとめておきます。

これから書く事はものすごく当たり前のことなんですけど、当たり前が出来なくなっていることってあると思うんです。

 

就活で苦しんでいる時って目の前が真っ暗になりますよね。

そんな時に少しでも光が見えるようなヒントが伝えられれば嬉しいです。

就職活動の準備は完璧ですか?

就職を決めるには選考までにやらなければいけない事がたくさんあります。

自己理解や職業理解から始まり、求人サイトの登録や履歴書の作成、面接の練習など、

きちんと全てこなすには多くの時間がかかります。

 

就活が上手くいってない人は、これらの準備にかける時間が短かったり、

また、やり方を間違っている事が多いようです。

 

「面接上手くいかなかったー」と嘆く人がいますが、

大体の場合は面接以前に勝負は決まっています。(もちろん面接も大事ではありますが)

 

「内定をたくさん貰える人」と「まるでダメな人」がはっきり分かれるという話を聞いた事がありますか?

内定に必要な事を理解している人はどこでも内定がもらえ、準備出来ない人はどこも受からない。

という二極化が起きているのです。

 

では内定を貰える人はどんな人なのでしょうか。

 

内定を貰える人貰えない人

0119kaigi

選ばれるために

たくさん内定を貰える人の特徴として、「選択される仕組み」に対する理解度が高いようです。

 

人は無意識の中でたくさんの選択をしながら生きています。

休みの日にどこに行くか、誰を誘うか、晩ご飯に何を食べるか。食べる時はスプーンを使うか箸を使うか、どのくらい噛むか、どんなタイミングで水を飲むか。

更に言えば、今の瞬間まばたきをするしないの判断だって選択です。

人は常に膨大な選択肢の中から1つを選び生きています。

 

あなたも色々な選択をしてきています。

自分にとって最も良い選択をしようと無意識にしているはずです。

ではどんな選択肢が選ばれるのか。

 

それは、需要が高まったときです。

 

喉が渇いたら「水を飲む」という選択肢が選ばれます。

寒い時は「服を着る」や「ストーブをつける」というような選択肢が選ばれます。

 

例えば、普通の女の子は「浮き輪を持った貧乏人」ではなく「かっこいいお金持ち」に寄っていきます。

でも海で溺れている時は「浮き輪を持った貧乏人」に高確率で寄っていくでしょう。

 

つまり、「相手の欲しがっているもの」が「自分の持っているもの」なら選ばれるわけです。

ならば、選ばれるためには「相手の欲しがっているもの」「自分の持っているもの」これを理解する必要があります。

 

採用に置き換えても同じです。内定を貰うためには「企業が欲しがっている人材」「自分に出来る事」これを理解してください。

これを理解してやっとスタートラインです。これが分かってなければ選択肢の1つにすらなれないということです。

 

あと余談ですけど、相手の求めているものを察知して提供できる人は男女ともにモテます。

 

履歴書を見直そう

0119rireki

さて、あなたの履歴書や職務経歴書を見直してみましょう。

企業が欲しがっている人材としてのPRができていますか?

必要の無い資格や情報まで記載していませんか?

自分のことを分かって貰いたい気持ちもあると思いますが、関係のない資格や経験の記載はNGです。

一貫性がないように見える可能性があります。この人は何がしたいんだろうと思われてしまったらおしまいです。

 

企業によって欲しい人材は違います。

したがって、会社が違えばアピールする内容も変わるはずです。

履歴書の内容をコピペしてはいませんか?

 

しっかりと履歴書が書けたら採用者の気持ちになって読み返しましょう。

この人に会いたいと思える内容になっていればとりあえずはOKです。

 

書類が完成したら

履歴書や職務経歴書が完成したら、封筒に入れて送付することになりますが、

この時に折り目がつかないようにクリアファイルに入れてA4サイズの封筒に入れましょう。

B4を6つ折りにするようなタイプのものが市販されていますが、これはやめておきましょう。

折り目をつけずにクリアファイルに挟んで送付することで、雨が降っても濡れませんし、採用者も読みやすい状態のまま履歴書が渡せます。

読む相手のことを考えて書類を作成しているかどうか、こういったところで判断される事もあります。

 

多分、当たり前のことなんですけど、そういう当たり前のことを必死にやるのって意外と大変だったり、優秀な人ほどそういうのを省略したり、楽にやろうとしたりする傾向があって、失敗していたりします。

 

履歴書についてはこの他にも色々と細かいテクニックも書きたいところではあるのですが、(文字をゴシック体から明朝体に変えて印象を変える。数字を使って説得力をUPさせる書き方。など)

長くなってしまうので、今回はとりあえず基本的な「もう一度、当たり前のことを当たり前にやり直してみましょう」ということを記事にしました。

応援してます!

このページをここまで読んでくれているということは就活中の方だと思います。

大変な時にお時間を取らせてしまってすいません。

こんな長文を真面目に読んでくれたあなたならきっと上手くいくと思います。頑張ってください!

関連記事

0706_2

iPhoneにも搭載なるか?今話題の「NFC」って何?

NFCって何? NFCというのは「Near Field Communication」の略。日本語で

記事を読む

0118samune

え!そんなのあり?IT企業の社内ルールがめちゃユニーク。

どうも、皆さんの会社にはどんなルールがありますか? 最近、友人の話やネットのニュースで

記事を読む

a0002_007492_m

その胸の痛みは恋じゃない。「肋間神経痛」かも!?

この時期になると少しばかり増えるんだけど、急に胸がズキィ!と痛むことがある。 僕が作業している

記事を読む

あったかいんだからぁ

「あったかいんだからぁ」「ラッスンゴレライ」を分析したら○○が分かった。

今年は歌ネタが人気 どうも!   昨年は日本エレキテル連合の「ダメよ〜ダメダ

記事を読む

0705_6

猪木のマネでおなじみ、春一番もやめられなかった。”アルコール依存”の怖さとは?

春一番が肝硬変で亡くなった アントニオ猪木さんのものまねで人気を集めた芸人の春一番(本名春花直樹)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策により、適切でない投稿は反映されませんのでご注意ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このサイトを運営してる人。WEB解析士でデザイナー。企業ロゴや名刺、サイトも作ります。

    詳しくはこちら
PAGE TOP ↑